鹿児島家出掲示板

鹿児島家出掲示板SNS

鹿児島に出張中に鹿児島家出掲示板で、家出中の神待ち女性と知り合いました。

 

その神待ち女性に休みの日に鹿児島を案内してもらいました。

 

鹿児島県にある指宿という砂蒸し温泉が有名な観光地を訪れた際、観光案内に知覧特攻基地の紹介があり、はじめは旅の日程にいれていなかったのですが、歴史に興味があった私はレンタカーを飛ばして訪れてみました。

 

太平洋戦争中に日本の多くの若者達が、国、なによりも愛する家族を守るため、日本各地の特攻基地から帰ることができない、戦地へと飛び立っていきました。
九州は鹿児島県の南さつま市にある知覧特攻平和記念会館も、特攻基地跡に設けられた施設です。

 

館内には、特攻に参加された若者たちの遺影が展示されています。

 

一目みて、 「こんなにたくさんの若者たちが参加したのか!」と驚愕するくらい多くの写真が展示されています。

 

その鹿児島家出掲示板で、知り合った家出女性は、見かけによらず歴史に詳しいのです。一見セクシーでフェロモンがすごいのですが、そのギャップでかなり気に入りました。

 

写真に写る若者たちの顔を拝見すると、にこやかに笑っている顔、仲間と談笑する風景、きりっととてもまじめな顔といろいろな顔を見ることができます。

 

その中で一番気になることは、幼いといっても過言ではないお顔の方々が多数おられることです。

 

館内の解説によるとなんと10代の少年たちも特攻隊員として攻撃に参加され、尊い、本当に尊い貴重なたったひとつの命を散らされたそうです。

 

家を出て、彼らが何を思い、何を守るために出撃したのかについては、彼らが残した日記、手紙などが展示されており、拝読することで、伺うことができます。

 

手紙はほぼ、家族へあてた内容で、家族の健康や無事を願うものが多かったのが印象的でした。

 

このような若者の命を散らすことになった「戦争」について深く考える機会を与えてくれる貴重な施設だと思います。

 

この他に館内には海中から引き揚げられたゼロ戦の残骸(壊れて半分くらいになっている)や特攻作戦に使用された飛行機の模型、特攻隊員が暮らした宿舎の再現模型なども展示されており、当時の生活模様を知ることもできます。

 

また、知覧特攻平和記念会館がある知覧は、お茶の名産地でもあり、平和記念会館で、生々しく見ているといつの間にか姿勢を正して緊張してしまった戦争の記憶を拝見した後に、家出女性とほっとおいしいお茶を飲んで一息つくことができます。

 

さらに、鹿児島の知覧には侍たちが昔すんでいた武家屋敷が複数連なる街並みが残っており、一部のお屋敷の庭には入ることができます。

 

お屋敷の庭は、きれいに手入れされた植木や時代を感じる塀や門構えの建物を見ることができ、散策しているとまるでタイムスリップしたかのような感覚となります。

 

ただ、この街並みの中に、特攻隊員達が家族と会うのに使った旅館などの施設も残って、開放展示されており、ここでも戦争の記憶に触れることができます。

家出した男女が集まる大人気

家出掲示板