沖縄家出掲示板

家出掲示板で知り合った男性と沖縄を満喫

2年前に沖縄でして、沖縄に行きました。

沖縄では、家出掲示板で知り合った男性が面倒をみてくれる予定でした。

 

まずは那覇空港内の食堂でさっそくソーキソバを食べました、コーレーグス(島唐辛子入りの泡盛)を少しだけ入れるのが個人的におすすめです。

 

空港を出たところで、関東との気温の違いと太陽のまぶしさにびっくりしました。

 

温度差に無頓着に沖縄入りしてしまったため、宿泊地の美浜アメリカンヴィレッジまでリムジンバスに乗りホテルに荷物を置き、すぐに服屋さん(ボーダーショップ?)で薄手のパーカーと現地用の服を購入し、家出掲示板で知り合った男性の鶴の一声でそのまま美ら海水族館へ向かうこととなりました。

 

レンタカーも用意していなかったので、バスを乗り継いでゆこうとなったのですがこれが失敗でした。

 

バス乗り継ぎ時間待ちを含めておよそ三時間半、昼一時前にアメリカンヴィレッジを出発し到着したのが夕方四時前後だったと記憶しています。

 

さすがに到着するまでの間少々疲れてしまいましたが、生で観るジンベエザメの迫力は圧巻の一言でした(巨大水槽の真横のカフェでくつろぎながら観ることができます)。

 

美ら海というだけあって水族館の外はすぐ砂浜ですが、広大な空に夕日の沈んでゆく様は日常の喧騒を忘れるのに抜群なシチュエーションでした。

 

家出と言うとネガティブなイメージですが、開放感が全開で楽しかったです。

 

帰りはさすがにタクシーを使いましたが、沖縄では観光客向けに丸一日専属運転手をしてくれるサービスがあるそうで、交渉次第ではかなりリーズナブル(具体的な金額は忘れてしまいましたがガイド兼運転手付きの面でレンタカーよりコストパフォーマンスがよさそうと話した記憶があります)に引き受けてくれるそうなので予算にゆとりのある方たちはぜひ使ってみたらよいと思います。

 

乗せていただいた運転手さんはとても気さくな方で私たちの知らない沖縄の風習とかを面白おかしく話してくれました。

 

そんなこんなで、帰りは二時間くらいだったでしょうか、アメリカンヴィレッジへと帰ってきました。

 

関東地方は夜になると厚手の防寒着でも体を縮めてしまう寒さなのに対し、半袖でも『少し涼しいかな』ってくらいの気温の違いに二度びっくりしました。

 

ホテルそばの鉄板焼きのお店でお肉と伊勢海老を堪能した後、居酒屋さんでグルクンの空揚げや新鮮な海ブドウなどなどをつまみに美味しい甕出しの泡盛をいただきました。

 

ホテルは男性と2人で泊りました。優しくリードしてくれて素敵な夜でした。エッチもとても優しかったです。

 

まだ残る泡盛の余韻(二日酔いです笑)に浸りながら、まずはアメリカンヴィレッジを散策しハンバーガー屋さんで軽い食事(大くてワイルドなハンバーガーです、日本のチェーン店では食べられない味!)を済ませると、バスで那覇空港方面へと戻り、ゆいレール(那覇空港から首里城へとつながるモノレール)の県庁前駅のそばのホテルへと移動しました。

 

荷物を預けると、午後はひとまず自由行動となったので国際通りへとでかけ目についたお店でタコライスとオリオンビールをいただきました。

 

沖縄土産にハブ酒と紅芋タルト等を買い、工芸品などを眺めてぶらぶらしました。

 

ご存知の人も多いとは思うのですが、国際通りのお土産物屋さんが並ぶ通りは、少し異国情緒のようなものがあり見ていて飽きません。

 

家出二日目の夜は国際通り沿いの民謡居酒屋というスタンスのお店で美味しい食事と泡盛をいただきました(沖縄料理にこだわらずとも、基本的に何を食べても美味しかったです)。

 

家出掲示板の男性は本当にいい人でした。どうして、家出掲示板なんかにいるんだろうという感じです。

 

予定の時刻になると『ゆず』の沖縄版みたいな方たちがステージに現れ、若干のコミックバンド的なノリを見せつつもお酒の席に興を注いでくれました。

 

家出最終日、ゆいレールに揺られ、首里城へと向かいました。それほど見るものがあるわけではないのですが、本州の文化とは異なる様式で作られた建物、要塞としての石垣や本州では見れない様式の庭園などはとても趣がありましたので、ご興味のある方はぜひ訪れてみるとよいと思います。

 

この時観光に行けた場所は数少ないですが、暖かさ(暑さ?)、日差し、奇麗な景色、美味しい食事・泡盛・陽気な人々との出会いなど名所でなくとも居るだけで楽しめる魅力が満載の場所だと思います。次に行くときは、自然溢れる離島に行ってみたいと考えています。また、家出しよっと(笑)

家出した男女が集まる大人気

家出掲示板