家出少女神待ち掲示板

神様は掲示板に居る?

家出少女が、よく利用する神待ち掲示板に神様がいるかどうかについて 普段の生活をしていて、神様がいる!と感じる機会は、普通あまりありません。

 

よく聞くのが「困ったときの神頼み」というもので、 「どうしよう」と慌てふためいた時に「神様〜」って叫びたくなるときは、家出少女でも1度や2度、経験したことがあるはずです。

 

さて、家出掲示板の神様のイメージってどのようにお持ちでしょうか。わかりやすいのは、やはりの泊めてくれる人でしょうか。
キリスト教などでは神のことを「god」と呼ぶそうですが、日本の神様とは、少し違うように、私は解釈しています。「八百万の神」と言われるように、日本の神様はたくさんいます。

 

仏様と一緒になったりした時代もあり、人の姿をしているイメージをお持ちの方もたくさんいると思います。ですので神様っているの?という疑問が湧いてくるのかもしれません。

 

私にとっての「神様」は、どういうものかというと、きっと古く日本の神様そのままだと思いますが、自然現象そのものを、神様だと考えています。
たとえば人は赤ちゃんを産み、育っていきます。命があって、日を重ね、年を重ねると成長してやがて老いていきます。
たとえば、春が来て次に夏が、その次に秋が来て冬がやって来てまた春が来る。1年間の四季があること。人間が作ったのではありません。地球が何度傾いているからとか、そういうのではなく、ではなぜ地球は日本に四季があるような傾きになっているのか。説明ができますでしょうか。
なかなか難しいと思います。 説明がつかないもの、人の手では何ともしようのないもの。草が伸びる、太陽が昇る、そういったすべての自然現象自体を、神様と呼ぶんだなって私は思います。

 

人が作った人形は成長しません。しかし人が産んだ赤ちゃんは成長します。これはすごく不思議なことだと思います。
科学も進んでいない時代の、昔の人は、現代に生きる私たちよりこのような現象は不思議でたまらなかったと思います。今まで動いていた人が急に動かなくなる。
人が死ぬ、ということも同じで、不思議であるのと恐怖を感じていたと思います。なので、そういうものをすべて「神」と呼んでいるのだと思います。
そう考えると、外国の神様と、日本の家出掲示板の神様はやはり違うものなんだろうと家出少女の私は思います。「god」と「神」は、決して同じものではないと思います。

 

神様がいるかどうかという疑問は、私はあまり湧いてくることはありません。私たちが毎日を生きていることは、すでに神様の力だと思います。
私たちの体でも同じです。心臓が動いていること、絶えず血液が身体中を流れていること。
これは自身で意識して行っていることではありません。神待ちサイトで、神という力が働いているのだと、自身の身体でも感じることはできるのです。


家出した男女が集まる大人気

家出掲示板