家出少女とヤリまくり

神待ち娘とエッチやれるSNS

親子げんかで家出しました。
親子喧嘩はしないに越したことはありませんが、中々そんなうまくは行かず、私も何回かは修羅場のような喧嘩をしたことがあります、ただ家出までというのは、今までで私が一回しただけです。その時は、神待ち掲示板でエッチしたがっている男を探しました。恥ずかしい話ですが・・・。
ネットでは、神待ち娘とヤリまくり掲示板と言うものがあるようです。
露骨なBBSですね。

 

【家出のきっかけ】
これは正直今となってはあまり思い出せませんが、思い出せないほど小さなことだったと思います。その喧嘩の当日は私の実家に家族で遊びに来ていて、食事も終わりまったりしている時に、私に対する言動の何かをきっかけに、私は怒り始めました、私の両親の前で怒るくらいなので、よほど頭に来たのでしょう。家出なんかした事無いので、両親もびっくりしていたのを覚えてます。恥ずかしい限りです。。。

 

【家出?逃走?】
自分の家であれば、ここまではしなかったと思いますが、実家だったので、その場に居ずらいこともあり、私は乗ってきた車に乗り、そのまま家出(逃走)しました。自分の家に帰ることも考えましたが、かなり頭に来てたので、そのまま車で遠くまで走りました。家出少女とヤリまくり掲示板を見たのもこの時です。

 

【親からの電話】
そうこうしているうちに、夜になり私の携帯電話には親からの着信が入りました。私は腹の虫がまだ収まらないので無視を決め込んでました。ただ、携帯電話の電源を切ったりはしてませんでしたので、心の中では、どっかで仲直りをしないと、と思ってる自分がいました。

 

【親にはかないません】
もう、今夜は神待ち掲示板で知り合った男の家で、寝てやると決意をしつつ、実は自分の家まで歩いて行けるぐらいの距離の公園の駐車場に車を止めていた時です、また、携帯電話に着信が入りました。送信者をみると、なんと父親からではないですか、これは出ないわけには、これを出ないと事態は本当に収拾できない事態に発展してしまうと、3秒くらいの間で思考が駆け巡り、その次には携帯の応答ボタンを押しておりました。
緊張しつつ、もしもしと少し暗めの声で応答すると、もしもしと聞き覚えのある声と共に、泣き声が聞こえてきました、そう親からです。やられたーと思いつつ、そのバックに父親が控えてることは間違いありませんので切ることもできません。

 

【仲直り】
ここまで来たら、あとは私が折れれば万事うまく収まります、私も怒り爆発から、ある程度時間が経って頭も冷えてましたので、親にどこにいるかを聞いて、自分の家に戻ってることを確認して、実は歩いていける距離にいましたが、一時間くらいで戻るからと連絡して、一時間後に帰りそれで私の家出は終わり、その夜には二人ともエッチで、仲直りできました。

 

 


家出した男女が集まる大人気

家出掲示板